弁天湯
2008/05/29(Thu)
銭湯


今週は、私が講師を務める快眠講座が連日あり、
さすがに立ち疲れたので、近所の銭湯に行ってきました。

先日、うちのマンションで断水があり、仕方なく行った
近所の銭湯。造りは古いけど、強力なジェットバスが
あるのが気に入りました。

それに何より空いている。
1時間半いて、最大人数は4人。穴場です!!
ちょっと経営を心配したくなるほど。。。 ^^;

これからも度々お世話になろうと思います。

三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | ▲ top
新刊発売! 『ねこに教わる 快眠レッスン60』
2008/05/25(Sun)
快眠レッスン60


昨日、新しい本が発売になりました!!

ねこに教わる 快眠レッスン60』 (PHP研究所) \1100(税別)

 ・左の鼻で深呼吸
 ・ゆらゆらを眺める
 ・大きな口を開ける
 ・頭をマッサージ
 ・自分にあった枕を

などなど、60の快眠法を、擬人化したわが家の愛猫
ミー(♀)とケイ(♂)がガイドしていきます。

かわいくユーモラスなイラストを描いてくださったのは
京都在住の岡田千夏さん。彼女の感性と、ミーとケイへの
愛情あふれる表現力に感動して、楽しく彼女と
会話しながら出来上がった本です♪

まるで私の趣味で出来上がったような本なので、
母に見せたら「作るのに、いくらかかったの?」と、
自費出版だと思われてしまいました。

実はこのアイディアは、去年参加したランドマークエデュ
ケーション
の、「マネーシリーズ」というプログラムの中で
生まれたもの。
このプログラム全10セッションの最初の方は、自分とお金の
関係について深く洞察を重ねていくのですが、中盤にお金に
関するプロジェクトを各自が創作しました。

このプロジェクトに含む3つの要素として
 1、お金以外のことを含む
 2、自分がインスパイアされている
 3、貢献を含む
がありました。

私の場合、【1】は本の出版。
【2】は愛猫がモデルですから、それはもう♪
【3】は、「世界のお金の流れに違いを創る」というコンテクスト
から来て、本の売上の一部を動物愛護団体に寄付をする
ことにしました。

こうして書いてみて、この本の来るところは、結構大きく深い
なぁ~と、再認識しています。
そのことが皆さんにも伝わるとうれしいです。

ぜひ、手に取ってみてくださいね。
ねこに教わる 快眠レッスン60』 (PHP研究所)

三橋美穂
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(3) | ▲ top
スマステーション
2008/05/21(Wed)
スマステ


5月24日(土) 23:20~24:14 放送
SmaSTATION!!(スマステーション!!) の取材を受けました。

『癒し』特集の、“眠って癒される”の中で使う、コメントを撮影
しているところです。

テレビのインタビューは、通常こんなふうにガサガサッと行われ
ます。

特集はランキング形式で、ほかには「音楽」「映像」「ペット」
などが登場するそうです。

キャットカフェにも取材に行かれたそうで、そんなカフェがあることを
知らなかったスタッフの方々は、みんなビックリ!!だったとか。

今週の土曜日放映です。
よかったら、見てくださいね。

三橋美穂



※こんなときでも、うちの猫さんたちはマイペースです。

080521-2.jpg



この記事のURL | メディア | CM(0) | ▲ top
モモ
2008/05/14(Wed)
momo2


ミヒャエル・エンデの『モモ』を読みました。

時間がテーマの本ですが、あまりの面白さに一気に
読み終えました。

特に印象的だった言葉は、「オソイホド ハヤイ」。
生きることの真髄をついていると思いました。

言葉で説明しようとすると説明しづらいのですが、
しいて表現すれば、頭の中で自分の思考がワサワサ
忙しく動いているときは行動やひらめきが遅くて、
頭の中がゆっくり静かだと早い、そんな感じです。

よりよい生活を求めて、「忙しい、忙しい」が口ぐせの
現代人は、頭の中が忙しいのだということを、
私はブレークスルーテクノロジーコースというプログラムに
参加をして、初めて気づきました。

モモの文中にある「恐れが究極に達したら、勇気がわいてくる」
このことも、ランドマーク・エデュケーションのプログラムに
参加する中で、何度となく体験しました。
「“恐れ”は自分の外側にあることではなく、自分の内側で思考や
感情がつくり出していること」、この区別を持っていると、大きな
勇気が生まれます。
なぜならば、自分の思考や感情は自分で扱うことができるから。

私は「神智学(しんちがく)」という学問も勉強しているのですが、
地球が大転換期を迎えている今という時代は、私たち
一人ひとりの“あり方”が大きな鍵を握っているといわれます。

その一つが、時間に対するブレイクスルーを、一人ひとりが
作り出すこと。その時に、世界のトランスフォームが早くなる
のだそうです。

“時間”を掴むことは、今後も続く私の大きなテーマです。

三橋美穂
この記事のURL | 新しい時代 | CM(0) | ▲ top
| メイン |