しんぶん赤旗 日曜版
2008/06/24(Tue)
赤旗しんぶん記事


6月22日付の「しんぶん赤旗 日曜版」に“夏もスヤスヤ快眠術”
という取材記事が掲載されました。

快眠のポイントを、日中の活動や就寝前の入浴、ストレッチ、
寝室の温湿度、枕や布団など、さまざまな角度からまとめあげ、
ほぼ1ページの特集記事になっています。

私が一番に言いたいのは、イメージ写真にうちの愛猫が
載っていること。^^

猫好きな記者さんから、

「せっかくなので先生のところの猫ちゃんの寝姿写真を紙面に」

と、ご提案いただき、

「いいんですか?!ぜひぜひ!!!!」

とよろこび勇んで、撮りためた写真をひっくり返して選んだ
4枚の中からの1枚を、採用していただきました。

生後3か月のまだ幼い頃の写真で、今日届いた新聞を開いて
“なんてカワイイのかしら~♪”と感激。

インタビュー謝礼+写真代までいただいてしまいました。

赤旗新聞さん、ありがとうございました!!

三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | メディア | CM(0) | ▲ top
東京大学 医療政策人材養成講座
2008/06/21(Sat)
HSP


昨年9月から参加している「東京大学 医療政策人材養成講座 第4期」の
研究成果発表会が、本日、丸の内で行われました。
(写真は休憩中の会場内の様子)

医療崩壊が叫ばれる中、医療を動かす人材を養成することが急務で
ある!と、東大の教授らが立ち上がり、4年前から始まった講座です。
4期生は約50名のメンバーです。

医療提供者(医師、看護師ら)、政策立案者(厚労省や県や市の職員ら)、
患者支援者(患者会メンバーら、私はココ)、ジャーナリスト(新聞や雑誌
記者ら)という、4つの立場の人たちが集まって、11のテーマについて
研究しています。

私が関わっているのは、「市民の医療政策形成への参加」というテーマ。
通常は行政が決めたことに市民は従うしかないので、押し付けられた感が
あり、それが不満に変わってゆきます。

潤沢な資金があればよいのですが、どこの自治体も限られた予算の中で
何にお金をかけるべきか知恵を絞っているのが現状です。

そのことを市民と一緒に考え、何を選択して、何を選択しないのか、
資源をどう使うべきか、よりよい地域医療を行政と市民が一体になって
考えていこうというのが研究テーマです。

埼玉県志木市をモデルとして取り組んでおり、これまでに、医療に対する
意識調査や、地域医療フォーラム、市民向け啓発冊子の作成などを
行いました。

冊子

私は主に、この冊子作成を担当しました。
医療の問題点をわかりやすく解説し、自分で今日からできる行動を
紹介しています。

イラストは『快眠レッスン60』を担当してくださった、岡田千夏さんに
描いていただきました。千夏さんの素晴らしい表現力のおかげで、
わかりやすく親しみやすい冊子が出来上がりました。

志木市立市民病院のホームページで見ることができます。
あなたから始まるさいしょの一歩 ~日本の医療が変わるために~

医療は、さまざまな問題が複雑に絡み合っており、本気で
“動かす”ことを考えると、大きな壁にぶち当たります。

このことを通しても、やはり広い視点からものごとを捉えられる
ひとりひとりの“あり方”に行きつくんだと思いました。

まぁ、とにかく、冊子はかわいいので見てください。

三橋美穂
この記事のURL | その他 | CM(0) | ▲ top
家庭用プラネタリウム【ホームスター】
2008/06/17(Tue)
ホームスター


私の最新刊、『ねこに教わる快眠レッスン60』の中に出てくる
“30.星空をながめる” のモデルとなったが、この家庭用
プラネタリウム【ホームスター】。セガ・トイズから発売されています。

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんとの共同開発に
より、家庭で本格的なプラネタリウムを楽しめるのが特長です。

新刊のために新しい快眠方法を考えていたとき、このホーム
スターを見て、“星空をながめていたら、気持ちよく眠れるだろう
なぁ~”とひらめきました。

学生時代、夏のキャンプで訪れた高原で見た満天の星空が、
とても感動的だったことを思い出したのです。

間近に迫る星空の下で、次々と流れてくる流れ星を数えて
いたら、自分は宇宙の一部なんだと大きな気持ちになって、
日頃の悩みや不満が小さく感じられました。

本の発売間近な頃に、セガ・トイズの方とお会いする機会があり、
「ユーザーの声で意外と多いのが、ホームスターを見ながら眠ると
ぐっすり眠れるというものなんです」とのお話を聞いて、“やっぱり!!”
と、うれしくなりました。

このホームスター、寝室の天井に映し出されると、すっごい迫力!
眠りを楽しむグッズとして、おすすめです。

三橋美穂
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
インタイム&インタイム・カフェ
2008/06/12(Thu)
インタイム2


昨日、打ち合わせでインタイムさんへ行ってきました。
京橋に大きなショールームがあります。

 ≫ インタイム京橋ショールーム

インタイムは、介護用ベッドシェアNo1のパラマウントベッドが
プロデュースする高級ベッドブランド。

ハンディキャップがある人が寝やすいベッドは、健康な人が
使っても、もちろん寝心地がいいわけです。現場で培われた
技術を存分に生かして開発されました。

モダンで機能的なデザインの電動アジャスタブルベッドと
オーダーメイドマットレス【スタイルポート】が、最大の
魅力です。

電動ベッドは、ベッドメーカー各社から発売されていますが、
インタイムのベッドは、膝の曲がり方や上がり方、背中の
起こし方、頭の上げ下げのフィーリングが、素晴らしいです!

人間の身体機能を、本当によく研究して開発されていると
思います。


インタイム1

このインタイムのショールーム内に、先月カフェがオープン
しました。

京橋駅から徒歩2分、東京駅にも10分と、とてもアクセスの
いい場所にあり、かつゆったりしたスペースでくつろげます。

ぜひ、足を運んでみてください。

三橋美穂
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
Bellora (ベローラ)
2008/06/08(Sun)
ベローラ2


ミーちゃんが鎮座ましましているコンフォーターカバーは
イタリアのベローラ社製。
1883年創業の、老舗テキスタイルメーカーです。

シンプルでエレガントなデザインが特長で、特にリネン
(亜麻)の品質の高さには定評があります。

2003年からは、テキスタイル事業に加え、ライフスタイル
提案ブランドとして、寝具のカバーリングやバスローブ、
パジャマ、タオル、キャンドル、フレグランスなどを、世界
各地で展開中。

日本では昭和西川が百貨店を中心に展開しています。

写真のカバーは昨年のコレクション。
組成は綿50%、麻50%で、サラリとした感触です。
ボーダー好きな私の、お気に入りの1枚です。

 ≫ ベローラ ホームページ

三橋美穂


※おまけの1枚
ベローラ1
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
SHAPEWALKER
2008/06/05(Thu)
くつ


シェイプウォーカー>というウォーキングシューズを買いました。

この靴の特長は、つま先の角度。
歩いているだけで、シェイプアップ効果が期待できるという優れもの。
これまでの傾斜は5度でしたが、今回購入したのは9度です。

実はこの靴、私が新しい体を手に入れるために通っている、長野に
住んでいる先生の推奨品。

体を整えてもらい、歩き方を教わって、この靴で歩く。
通い始めて3か月ですが、足の裏に弾力が出てきました。
しかも、骨盤が締まり、二本の足がピッタリくっついている!!

この年齢で、歩き方を教わるなんて思っていなかったけど、
歩き方で体はまったく変わるんだなぁ~、と実感しています。

後ろ脚に重心を残したまま、かかとから着地。
脚を伸ばしたまま。

これがポイント!

あとは、朝晩の入浴で体を温める。
私の最近の日課です。

三橋美穂


※靴の空き箱で遊ぶ、うちの猫さんたち。
くつねこ
この記事のURL | その他 | CM(0) | ▲ top
ホテル仕様の羽毛枕 【リフワージュ】
2008/06/02(Mon)
リフワージュ3


これは私が去年、開発に携わった枕です。

ふんわりと沈み込むリッチな感触と、特殊な内部構造により
首をやさしく支えることができ、寝心地がよいのが特長です。
2種類の高さがあります。(Low/High)

 ≫日本ベッド製造 リフワージュ
  Low Type 16,000円、 High Type 18,000円 (ともに税別)

開発のきっかけは、ホテルで寝具のコーディネートをしていた
ときのこと。

枕を検討しているときに、枕の凹凸で首を支えるタイプの“機能性枕”
と呼ばれるものは、寝心地はよくても見た目にボリュームがないため、
「この見栄えの悪さは何とかならないだろうか」という話題になりました。

枕は、立っているときの自然な姿勢を寝ているときにも保てることが、
大切です。体の力が抜けて、効率よく疲れがとれるからです。
体型に合った枕を使うと、肩こりなども軽減されます。

通常のフワフワした羽毛枕は、枕の中央が高いので、首の支えが
なく、快適な寝姿勢は保てません。

“快眠”を得るには適していないのですが、このフワ~っと沈み込んで
いく感触が、ホテルの高級感や豊かさを醸し出していることも確か。

見た目のよさと、寝心地のよさ、この二つを両立できる枕ができない
だろうか。。。と2~3週間考えていたところ、「あっ!!!!」と、
ひらめきました☆
内部構造に工夫をすればよいのだと!!

ホテルへのベッド納入実績が多く、仕事でお付き合いのあった
日本ベッドさんと共同開発することになり、半年ほど試作を重ねて
作り上げました。

やわらかい感触の枕が好きな方には、特におススメです。
東京では、日本ベッド青山ショールームで試すことができます。

自分でも、「いいのができたなぁ~」とホレボレしている枕です。 ^^
もちろん私も愛用中♪

三橋美穂
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(2) | ▲ top
| メイン |