睡眠不足に陥りやすい職業は建築家&エンジニア
2013/10/08(Tue)
「IRORIO」より

英国、最も睡眠不足に陥りやすい職業が明らかに!!
1位は建築家&エンジニア"


英国スリープ・カウンシルの調査によると、英国全体で「ほぼ毎晩ぐっすり眠れている」という人の割合は73%だそう。しかしこの割合は、年収が7万5000ポンド(約1162万円)以上の人に限定すると83%に跳ね上がり、お金持ちほど質の高い睡眠が得られていることがわかった。


また同調査では、職業によって睡眠習慣が大幅に異なっていることも判明。健康な精神や体のために必要とされる7時間の睡眠が得られている従業員が最も少ない職業、つまり、最も睡眠時間が少ない職業のランキングは以下のようになった。ちなみにこちらはあくまでも睡眠の“合計時間”であり“質の高さ”とは関係ない。


<最も睡眠時間が少ない職業>
1位 建築関係、エンジニア
2位 旅行、運送関係
3位 工場、水道・ガス・電気などの公益事業
4位 その他
5位 医療関係
6位 教育関係
7位 小売業、ケータリング、レジャー関係
8位 販売、メディア、マーケティング関係
9位 アート、文化関係
10位 無職


なお、上記の職業とは反対に、毎日7時間以上睡眠がとれている従業員が最も多かったのは弁護士などの法律関係。その次が人事関係、金融関係と続いた。


----


職業や年収によってバラツキがあるといえ、
イギリス人全体の73%が
「ほぼ毎晩ぐっすり眠れている」というのは
見習いたいですね!!


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<【セミナー情報】 11/19 睡眠と美容の科学 | メイン | 長野でイベント&善光寺>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |