【メディア情報】『JB PRESS』
2013/12/12(Thu)
経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、
本質的で深い分析に基づいた記事を提供している
『JB PRESS』に取材記事がアップされました!



睡眠マネジメントで、仕事も生活も変わる
今日からできる快眠術



----以下、記事の抜粋----


―― 「忙しくて寝る時間がない」というビジネスマンは、せめて「眠りの質」を上げることで睡眠時間の不足を補いたいと考えています。


三橋 私のところにも「4時間で疲れが取れて、スッキリする眠り方はありませんか?」と深刻な顔で相談に来る人がいます。眠る時間を削るほど残業して、なおかつ、翌日もバリバリ働きたい――という発想はいかにも日本人的であり、それを美徳とする風潮もありますが、グローバルスタンダードに照らしてみると「発想が古いのでは?」と感じてしまいます。眠りの「質」と「量」を共に確保することこそ、今の時代に合った睡眠マネジメントです。


―― 一定の睡眠時間を確保しないと仕事に悪影響が出るのでしょうか?


三橋 睡眠の適正時間は人によってバラツキはありますが、一般的には6時間半から8時間が必要と言われています。これを割り込んだ状態が何日も続くと、集中力が無くなってミスをしたり、重要な局面で判断力が鈍ってしまいます。


 米国のホワイトカラーの間では、メタボな人と同様に、睡眠時間を確保できず仕事中にボッーとしていたり、能率が上がらない人は自己管理ができない人との烙印を押されます。働き盛りで、責任あるポジションにある人が忙しいのは当たり前。物事に優先順位を付け、やるべきことやらなくてもよいことを取捨選択し、身体と頭を休める時間を確保できることこそが自己管理です。


 ≫ 詳しくはこちら


--------


睡眠マネージメントの重要性を
知ってくださいね!


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | メディア | CM(0) | ▲ top
<<うさんたドーナツ | メイン | 豊橋技術科学大学・女子会でセミナー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |