寝具の寿命
2014/04/09(Wed)
ミー


アメーバニュースより

枕、マットレス、羽布団の寿命はどのくらい?
「枕2年」「羽布団5年」



睡眠プロフェッショナルたちが2,000人のイギリス人たちを対象に調査したところによると、彼らは平均で枕は3年、羽布団は7年使っているそうです。日本人にとってもこれはごくごく平均的な年数なのではないでしょうか。

しかし、実際の寿命は枕が2年、羽布団は5年だそうです。多くの人が耐用年数を超えて寝具を利用しているため、不必要な肩や頭、背中の痛みに悩まされているそうです。また、寿命を超えた寝具にはホコリ、ダニ、寄生虫などが巣食ってしまう可能性があり、伝染病や思いもかけない病の原因になることも。


----


日本人はもっと長く使っているでしょうね。


枕は素材や使い方にもよりますが、
1~5年くらいです。


・そばがら・・・1~2年

・羽根・・・3年

・パイプ、ビーズ・・・5年

・ポリエステルわた・・・1~2年

・ウレタン・・・3年


敷き布団は、3~5年

マットレスは、7~10年


これくらいが目安になります。


寝具は一生物ではありません。

1日の3分の1は寝具の上で過ごすわけですから、
適当なタイミングで交換しましょう。


こまめに干すと長持ちしますから、
メンテナンスも大切です。


参考にしてくださいね!


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
<<認知症アロマは快眠にもいい! | メイン | 【メディア情報】bayfm『with you』4/7出演!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |