ホテル仕様の羽毛枕 【リフワージュ】
2008/06/02(Mon)
リフワージュ3


これは私が去年、開発に携わった枕です。

ふんわりと沈み込むリッチな感触と、特殊な内部構造により
首をやさしく支えることができ、寝心地がよいのが特長です。
2種類の高さがあります。(Low/High)

 ≫日本ベッド製造 リフワージュ
  Low Type 16,000円、 High Type 18,000円 (ともに税別)

開発のきっかけは、ホテルで寝具のコーディネートをしていた
ときのこと。

枕を検討しているときに、枕の凹凸で首を支えるタイプの“機能性枕”
と呼ばれるものは、寝心地はよくても見た目にボリュームがないため、
「この見栄えの悪さは何とかならないだろうか」という話題になりました。

枕は、立っているときの自然な姿勢を寝ているときにも保てることが、
大切です。体の力が抜けて、効率よく疲れがとれるからです。
体型に合った枕を使うと、肩こりなども軽減されます。

通常のフワフワした羽毛枕は、枕の中央が高いので、首の支えが
なく、快適な寝姿勢は保てません。

“快眠”を得るには適していないのですが、このフワ~っと沈み込んで
いく感触が、ホテルの高級感や豊かさを醸し出していることも確か。

見た目のよさと、寝心地のよさ、この二つを両立できる枕ができない
だろうか。。。と2~3週間考えていたところ、「あっ!!!!」と、
ひらめきました☆
内部構造に工夫をすればよいのだと!!

ホテルへのベッド納入実績が多く、仕事でお付き合いのあった
日本ベッドさんと共同開発することになり、半年ほど試作を重ねて
作り上げました。

やわらかい感触の枕が好きな方には、特におススメです。
東京では、日本ベッド青山ショールームで試すことができます。

自分でも、「いいのができたなぁ~」とホレボレしている枕です。 ^^
もちろん私も愛用中♪

三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(2) | ▲ top
<<SHAPEWALKER | メイン | 弁天湯>>
コメント
- ありがたい枕 -
家族で札幌のベストウェスタンホテルに泊まりました。ベッドとリフワージユ枕のおかげでぐっすり眠れました。肩と首がいつもはがちがちなのですが、1時間、仮眠しただけで妻が驚くほどコリがとれていました。素敵な枕をありがとうございました。ホテルと同じものを購入したいのですがネットでみると種類があるのですね。どれなのだろう。迷います。ひとつ質問があります。ホテルにはひとつのベッドに二つの枕がありますが二つともあったほうがいいのでしょうか。
2011/08/15 05:10  | URL | 前田浩之 #-[ 編集]
-  -
>前田さま、
うれしいコメント、ありがとうございます!
リフワージュはLowタイプ(低め)とHighタイプ(高め)の2種類があり、多くの女性にあうのはLowタイプです。たぶん、奥さまが使われたのもLowタイプかと。
多くのホテルに2種類の枕が置いてあるのは、体型や好みの違いに対応できるようにということだと思います。必ずしも2つ持つ必要はないですが、枕の高さが自分の体型にマッチしたものを、素材違いで2~3種類持つのはおすすめです。気分や季節によって、使い分けるといいですよ。疲れているときや、寒い季節はふんわり柔らかい素材の枕、夏は通気性のいいパイプ枕、といったように。
どうぞご参考くださいませ。
2011/08/16 00:13  | URL | miho #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |