羊を数えると眠れるのは本当?「迷信」
2014/05/06(Tue)
マイナビウーマンより


羊を数えると眠れるのは本当?「迷信」


アメリカの看護大、Case Western School of Nursingで睡眠について研究しているMichael Decker 準教授は、「それは迷信です」とバッサリ切り捨て、より効果的な睡眠導入の方法を説明しています。


そもそも、「眠れない時に羊を数える」という行為はどこから生まれたものなのでしょうか。そのひとつの説は、昔の羊飼いが、自分の羊たちが無事でいるかどうか心配して夜眠れず、羊の数を数えて安心しようとしたからだというものだそうです。


しかし現代の社会では、眠ろうとする時にイメージすべきは、もっとリラックスできるような、かつ受動的なものである方が良いとDecker氏は指摘します。つまり、情報を活発に処理するような脳の部分を使うべきではないのだと。


具体的には、なめらかな海岸のような光景が良いそうです。


かつて、2001年に発行されたBehavior Research and Therapyという認知行動治療に関する雑誌で発表された、不眠症を訴える患者に行った実験があります。


この実験では、「興味深くて楽しく、リラックスできるような光景」をイメージするように指示されたグループと、何の指示も与えられなかったグループとを比較して、指示を与えられたグループの方がより早く眠りに落ちたという結果が示されています。


つまり、眠れない時は美しい滝の流れや、のんびりくつろいでいる休暇の風景をイメージしてみるといいということです。羊を数えるというよりは、むしろ、のんびり草を食べる羊たちののどかな光景を、ぼんやり想像した方が良いのかも知れませんね。


------


日本語で羊を数えると息が詰まってしまうので
リラックスできませんが、
英語圏でも効果が低いとは!


日本人なら、気持ちよく温泉に入っているイメージが
いいのではないでしょうか。


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
<<【メディア情報】『健美通信 5月号』 | メイン | 大島土産【生の椿油】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |