台湾の昼寝事情
2014/05/13(Tue)
昨日、昼寝の話題の最後に、
台湾の昼寝習慣のことを書きましたが、
詳しく紹介されていたサイトがありました。


SUS JAPANシンシアの「華華(ふぁふぁ)通信」
お昼休みに台湾オフィスへの連絡は禁物

(2014/5/1)

昼寝

(前略)

お昼ごはんを食べたら、必ずお昼寝します。幼稚園から高校まで、校則で寝なければいけないのです。どうしても眠くない時、こっそり漫画を読むこともありましたが、見つけられると、教室の外で立たされます。でも、前述の通り、朝が早いから、お昼には普通に眠くなるので、大体普通にお昼寝します。生徒は自分の机で、先生は教壇で寝るというのが日常の風景です。

(中略)

日本時間の13時30分前後に台湾に電話すると、だいだい出ないか、出ても不機嫌な対応をされます。理由は間違いなくお昼寝をしていたからです。社会人になってもお昼寝を続けている人も多いのです。

ASUS台湾本社でも台湾時間12時30分から13時前後に、フロアごとの判断で消灯している場所すらあります。ちなみに、友人の会社の話ですが、お昼寝のためだけに折り畳みベッドを持ち込む社員もいるらしいです(笑)。


------

台湾人は、夜の睡眠時間は短いのですが、
こうして昼寝で帳尻を合わせているのです。

日本でも、お昼寝が当たり前になるといいですね!


最後に、パンダの赤ちゃんの寝顔で
癒されてください♪


昼寝
(c)AFP=時事/AFPBB News


こちらも可愛くて癒されますよ。

 【春のうたた寝…寝顔が可愛すぎる!動物たちのお昼寝画像7選】


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
<<【メディア情報】『Hanako 5/22号』発売中! | メイン | 【メディア情報】『おはよう日本~けさの知りたい!~』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |