ブルーライトが目に悪影響仕組み解明
2014/07/29(Tue)
7/23付 NHKニュースより


【青い光が目に悪影響仕組み解明】


岐阜薬科大学の研究グループが、スマートフォンなどの画面から出る青い光=ブルーライトが、目の細胞を死滅させる仕組みを、マウスを使った実験で解明したと発表し、ブルーライトの影響を防ぐ今後の対策に役立つことが期待されています。


研究では、スマートフォンの画面などに使われるLED=発光ダイオードから出る青・緑・白の3色の光を6時間ずつマウスの目の細胞にあてたところ、緑の光をあてた細胞はあまり変化がなかった一方、白は約70%、青は約80%の細胞が死滅したということです。


また、これらの細胞を詳しく調べると、老化を進める活性酸素が、緑の光を当てた細胞で、通常の、1.5倍に増加したほか、白が2倍、青が3倍に増えたということです。


----


青色の光は波長が短く、目の角膜や水晶体で吸収されない。

          ↓

網膜に達しやすく、視細胞に障害を与える。

          ↓

眼精疲労や急性網膜障害、加齢黄斑変性症などの原因になるとされる。
失明の危険も?!



夜のPCやスマホは注意です!
輝度を下げ、PCメガネもかけましょう。


ブルーライトは朝浴びることで体内時計が調整されるので、
上手に取り入れることが大切です。


まだ解らないことが多いのですが、
長時間LED液晶ディスプレイを見ないように気をつけましょうね。


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<週末のニャン☆ショット | メイン | 最近のお気に入り『チルファクター』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |