新しい照度計
2009/05/13(Wed)
照度計

・朝起きたら、2500ルクス以上の光を浴びる
・夜は150ルクス以下の部屋でくつろぐ
・睡眠中は10ルクス以下

睡眠と光は密接な関係があって、光をうまくコントロール
することで、快眠をサポートすることができます。

というわけで、私の商売道具ともなっている照度計。
7年くらい使ってきたのが左。
ソーラー電池でコンパクト、計測はアバウトですが
機能としては十分でした。

でも、このところ針の動きが鈍くなってきたので
買い換えました。新しいのが右です。
デジタル表示で値が明確。使いやすいです。

ちなみに室内での照度は、コンビニやデパートといった
かなり明るい場所で1200~1300ルクス程度。
一般家庭の室内は1000ルクス以下。

朝、体内時計のリセットに必要な2500ルクスには
とうてい足りません。

ポイントは太陽の光!
晴天の屋外は、ナント10万ルクスもあるのです!!
曇りの日でも1万ルクスくらいあります。

室内でも、晴天の日は窓際の日陰で1万ルクス程度。
朝起きたら、窓際で5~15分程度、新聞を読んだり
お茶を飲んだりしていると、メラトニン(睡眠ホルモン)の
分泌が止まってスッキリしてきますよ。
もちろん体内時計のリセットもバッチリです!

三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
<<あぁ、勘違い!!私は冬だった。 | メイン | 動物のホメオパシー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |