FC2ブログ
「睡眠」と「記憶力」の“深~い”関係
2010/08/01(Sun)
ダイヤモンド・オンラインで面白い記事を見つけました。

“昼寝”が創造性を高める!?

「睡眠」と「記憶力」の“深~い”関係



以下、記事より抜粋
----------

 ニューヨーク州立大学のフィッシュバイン博士らが、この「徐波睡眠(深いノンレム睡眠)」を含む仮眠が、創造性につながる記憶の形成に役立つことを実験で確かめています。

 実験では、英語を話し、日本語を全く知らない20人の大学生に、姉妹、母親、女中のような2個の漢字から成る熟語を教えました。その後、半分の学生だけが90分間の仮眠をとりました。研究者は、仮眠中の人々の脳を観察して「徐波睡眠」が出現していることを確認しています。

 そして仮眠後、初めて見る別の熟語を提示して、その中から先に学んだ熟語と関連するものを選んでもらいました。すると、仮眠をとった学生の方が、正しく「猿」ではなく「姫」を含む熟語を選ぶ傾向がみられました。この結果は、仮眠をとった学生は、先に学習した熟語の最初の漢字 -- 姉、母、女 -- はどれも“女性”を意味する文字である、と無意識のうちに学んでいたことを示唆しています。

 この実験結果は、昼間の仮眠が、関係をつくり、ルールを引き出し、全体像や概念を導き出す能力である「関係記憶」を向上させることを示している、と博士は昨年、米国の神経科学会で報告しています。

 そして「昼寝は、別々に学んだ関連のない情報を関係づけて一般化するのを助けます。睡眠は、目覚めている間の経験の記憶をより“深める”活動的な時間です」と語っています。

----------

ノンレム睡眠は4段階に分かれていて、1~2段階を浅いノンレム睡眠、
3~4段階を深いノンレム睡眠(徐波睡眠)と呼びます。

深いノンレム睡眠がしっかりとれると、熟睡感が生まれ、心身の疲れが
とれてスッキリしますし、記憶力や想像力とも、密接に関係しているのが
この実験からわかります。

ひらめきを生む睡眠」というプレジデント・ロイターの記事を紹介した
こともありましたが、その実験結果とも近いですね。

睡眠って、ただ眠って疲れを取るだけではなく、まさに“活動的で創作的な
時間”なんですよね!

眠るのがワクワクしませんか?!

三橋美穂
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<はじめてのシンクロ教室で講演 | メイン | UFOの存在を信じていますか?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |