FC2ブログ
ヴォイストレーニング体験記
2010/08/30(Mon)
ブレイヴォーパラ

ヴォイストレーニングに通おうと思って、昨日2か所の体験講座に
参加してきました。

ヴォイトレといっても歌うためではありませんよ。
講演やテレビ、ラジオに出演するときのため、話すためです。

1か所目は、まぁ普通。

呼吸のチェックと、口の周りの筋肉の動き具合、早口言葉などを
やりました。

「あー、全然できない。。。何とかしなければ!」というところに
自分が残されて、ちっとも楽しくありません。

ヴォイトレへの期待が、やや薄れながら参加した2か所目。
チェックされたのは、音の聞こえ方だけでした。

AとB、2種類の音の違いが聞き分けられれば、AからBへ移行して
行くことが可能だから、基本誰でも自分らしい声を取り戻していく
ことがききるのだそうです。

まず最初にいつものように詩を朗読して、今持っている声をチェック。

その後、血流をよくするツボを押しました。(痛かった!!)
声が大きい小さいの違いは、体温が高いか低いかの違いなのだそうです。

大きい声を出すためには、血流をよくして体温を上げることが不可欠
とのことで、それにはすごく納得しました。

ストレッチを3ポーズと、胸を振動させる発声法も習いました。

最後に、最初に読んだ詩を朗読したら、声の響きが全然違います。
大きな声でハキハキ話さなくても、自然に空間に響く声になっていて、
まるで自分が空間そのもののようでした。

それは私だけでなく、参加者4名全員とも変化していて、それはそれは
感動的でした。

日常会話の声に違いが出てくるのは、3~6ヶ月後だそうです。

そう!

1か所目と2か所目の教室の根本の違いは、

 ・前者は、「足りない能力を身につけて行く(外から得る)」

 ・後者は、「眠っている能力を引き出していく(内から出る)」

2か所目の10月から始まるクラスに通うことにしました。

ほかにも、眠るときの姿勢があお向けで真っすぐなのが気持ち良くなって
いたり(姿勢のゆがみがとれた?)、朝のお通じがよかったことにも
驚きました。

これから楽しみです!!

三橋美穂
この記事のURL | その他 | CM(0) | ▲ top
<<今日のいただきもの「かずやの煉」 | メイン | 上下関係>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |