おかん、猫先生に救われる。
2010/10/18(Mon)
猫の病院

脱毛したケイを連れて、高輪台の病院へ行ってきました。

写真は受付で、かわいい猫の置物がいっぱい飾ってあります。
そう、猫の専門病院なのです!

2か月前にシマちゃんを引き渡すときに、近くにいい動物病院が
ないかとネットで探していたときに見つけました。

西洋医学と東洋医学(鍼灸)、ホメオパシーやフラワーエッセンス
などを症状に合わせながら処方してくださるとのことので、
3年前から喘息もちのケイにも、ピッタリだと思っていました。

一進一退を繰り返しながら、ホメオパシーでかなり改善されたと
思っていましたが、ここ最近咳がひどくなっていたのです。

そこに脱毛ですから、てっきり喘息(アレルギー)の悪化から
きていると思い込んでいました。

先生の見立ては、ブラッシングのしすぎ。 ( ← マジですか?!)

今までなかったのに、なんで?!と思いながらも、心当たりが
あるのはストレスが加わっていたこと。

最近、ケイがご飯を欲しがるときに、書類をガシガシやって
気を引こうとするので、そして、あげてもあげてもするので、
仕事にならなくて、よく寝室に閉じ込めてしまっていたのです。

先生曰く、「この子はとっても繊細な子よ。しっかり向き合って
愛情をかけてあげてね」

愛情を注いでいるつもりだったけど、向き合ってはいなかったかも。

おかん、反省。。。

レメディとフラワーエッセンスを処方してもらって、帰ってきました。


家に帰ってからは、先生のアドバイスを受け、ケイに意識を注ぐ
ようにしていたら、まったく咳き込んでいません。

まだ、処方されたものを与えていないのに。

猫先生、すごいです!


猫の病院

病院のドアノブは、黒ねこちゃん。

これから、猫先生について行こうと思います!

おかん
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
<<小さい乙武さん | メイン | おかんパニクってます。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |