眠くなった社員は寝てもよい
2012/04/17(Tue)
埼玉県のリフォーム会社が導入した
「パワーナップ制度」が記事になっていました。

(2012/4/10付 環境とCSRと志のビジネス情報誌「alterna」より)

------


「眠くなった社員は寝てもよい」――さいたま市のリフォーム会社が昼寝制度を導入


住宅リフォームのオクタ(さいたま市、山本拓己社長)は、社員の就業中の仮眠を認める「パワー・ナップ制度」を3月下旬から導入した。経営陣の提案による同制度に、社員は「居心地の良さを感じる」と歓迎ムードだ。


パワー・ナップ (power-nap)とは、ごく短時間の仮眠を指す。単位時間当たり最大の効果を狙う米国発祥の睡眠法である。同社は、新たな制度を当初「シエスタ制度」と名付けたが、比較的長時間の休憩を指すシエスタよりも適した「パワー・ナップ」に改称した。


同制度では、社員に1日に1回、15~20分の短い仮眠を認めている。事前申請は不要。眠くなったタイミングで、各自が自主的に眠りに入る。デスクに枕を置いて寝る、言葉や表示で伝えるなど、仮眠中であることが分かるようにすれば、周囲が電話を回さないなど配慮する。


建築業界では、職人が昼食後に少し昼寝をして、午後の仕事への集中力や安全性を高めている。同社の奥田勇会長は、それをヒントに「全社員に短時間の昼寝を肯定的に認めよう」と発案。経営陣が文献などにあたって、社員の健康や仕事の効率向上にプラスになると判断し、すぐに実施に踏み切った。


実際に同制度を利用している社員は「最初は本当に寝てよいのかという戸惑いがあったが、徐々に周囲に浸透してきた。眠気のある状態で寝ないことに集中しているよりは、10~15分程度の休憩をとったほうが、逆に仕事の効率が上がることを実感している」と、その効果を語る。


山本社長は「昼寝を推奨することによって、健康的で微笑ましい雰囲気になり、大らかでストレスの少ない社内環境になれば」と期待を込める。


なお同社は、3月中旬に「ワークライフバランス委員会」も発足している。社員の多くは子育て中の30代で、産休に入る前の社員や、この春に産休から復帰する社員も数人ずついる。経営陣が「体のリズム優先で働いてよい」というメッセージを発したことで、社員の安心感や信頼が増すと同時に、適度な自由が認められたがゆえの責任感も生まれている。


------


すばらしい制度です!


これくらいの、のんびりさ加減がある働き方が、
これから増えてくるような気がします。


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<名古屋で講演でした | メイン | 【猫に教わる快眠レッスン】公開!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |