スマホ症候群がストレートネックを招く?
2012/04/26(Thu)
最近、ストレートネックの女性が増えていて、
頭痛、肩こり、首の痛み、腕のしびれなど、
さまざまな不調の原因になっています。

枕を合わせるのも大変なんですよね、
ストレートネックの人は。

これが、スマホが原因?という記事が、
日経ウーマンOnlineに載っていました。

------

(2012年4月26日)

あなたは「スマホ症候群」になっていませんか
もしや、その悪い姿勢「スマホ症候群」ではありませんか?

(前略)
 スマートフォンを長時間使用して下を見ていると、首が前傾し、首のカーブが失われてしまいます。その状態を「ストレートネック」と呼んでいます。この「ストレートネック」は、通常あるはずの首の生理的前彎(読み方:ぜんわん 前へのカーブ)がなくなり、まっすぐになってしまう状態をいいます。ひどくなると、なんと逆のカーブになってしまう場合もあるのです。

 特に気になるのが、女性の「ストレートネック」です。パソコンや携帯を始めて数年から十数年経過し、徐々に悪化傾向になっていると感じます。また、女性は首の筋力が弱い為、ストレートネックになっている確率がかなり高い。日中もデスクワークで負担をかけている首に対して、電車の行き帰りや休憩時間に、スマホでダメ押しているようなものなのです。

 症状は、肩こりや首痛はもちろんのこと、頭痛やめまい、腕のしびれや肩が上がらない三十肩症状(以前は50代中心であったが現在は30代にも多発している)など、みなさん辛い症状に苦しんでいます。

(後略)

------

こんな姿勢になっていないか、チェックしてみましょう!

ストレートネックはなかなか治らないので、
気をつけましょうね。

三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<ケイです。 | メイン | さくら色LED照明コメント掲載>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |