睡眠時間と肥満の関係【双子で比較】
2012/05/15(Tue)
ライフハッカーの今日の記事で、面白い研究結果が
載っていました。


------

やせたいなら寝るべし! 簡単「睡眠ダイエット」とは...?


ワシントン大学のNathaniel Watson博士は、一卵性と二卵性の双子合わせて1088組を対象に、睡眠時間に関する研究をしました。米国睡眠医学会の雑誌に載った研究結果では、双子のうち夜間の睡眠時間が長い方が、睡眠時間が短い方よりも肥満度指数(BMI)の数値が低かったのです。

睡眠時間が多い場合(9時間以上)はBMIの数値が低くなる一方、睡眠時間が少ない場合(7時間以下)は、肥満遺伝子がBMIの値を高くするようです(ちなみに、体重の変動に関して、睡眠時間が9時間以上の場合は遺伝的要因を受けるのが32%だけでしたが、7時間以下の場合は70%でした)。


遺伝子学者であり、シアトルにあるワシントン大学医療睡眠センターの共同ディレクターのNathaniel Watson博士は「睡眠時間が少ないほど遺伝子は体重を増加させようとし、睡眠時間が多いほど遺伝子は体重を減らそうとする」と言っています。

人間の肥満度は、遺伝的要因と環境的要因(生活習慣など)のどちらにも影響されます。この研究によると、体重を減らしやすくするには睡眠をたくさんとればいいということです。やせたい人はちゃんと寝るという簡単なダイエットですね。

------

睡眠不足になると食欲を増進させるホルモン「グレリン」が増え、
食欲を抑えるホルモン「レプチン」が減ることは知られていますが、
遺伝子の働きかけもあるとは!

みなさん、しっかり眠りましょうね~!!


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 快眠法・快眠グッズ | CM(0) | ▲ top
<<東京ソラマチ内覧会 | メイン | 今日のいただきもの>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |