羊を数えても眠れない
2012/06/25(Mon)
6/23付 Yahooニュースより

------

 「羊が1匹、羊が2匹……」と数えると早く眠れるというのは本当か。

 広島国際大学の田中秀樹教授(精神生理学)らが大学生を使って実験したところ、腹式呼吸のほうが効果的という結果が出た。29日に横浜市で開かれる日本睡眠学会で発表する。

 田中教授らは、眠くない状態の大学生14人を昼間に眠らせる実験を行った。それぞれの学生について、羊を数えることと、鼻から吸った空気を口から吐く腹式呼吸の2通りで実験した。

 その結果、まどろんだ際に出る脳波が表れるまでの平均時間は、羊を数えたときは14分4秒。それに対し、腹式呼吸は9分32秒と短かった。実験を行った20分の間に3分以上継続する眠りまで至ったのは、羊を数えた場合の5人に対して腹式呼吸は9人と約2倍だった。

 田中教授は、英語なら、「シープ(羊)」という発音を繰り返せば自然に腹式呼吸になることもあるが、日本語の「ひつじ」だとそうはならないと指摘。「日本人には単調な雨音やせせらぎ、電車に揺られる音を聞く方が効果的ではないか」と話している。

------

このことは、以前から私もお話ししていて、
著書にも書いたことがあります。

呼吸は息を吸うときに交感神経が働いて、
息を吐くときに副交感神経が働くので、
吐く息を長くしないとリラックスできないからです。


これをわざわざ実験したっていうのが、ミソですね。

それを睡眠学会で発表するって、こういう遊び心が
あるのがいいですね。

真剣なのかもしれませんが。^^;


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<長く眠るとバストが育つ?! | メイン | 野菜の神様>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |