長く眠るとバストが育つ?!
2012/06/26(Tue)
Pouch 2012年5月30日付記事より

------

睡眠時間がバストサイズの運命の分かれ道!?
埼玉女子が平均Aカップな衝撃の理由とは?



乙女にとって何かと悩みの種になるバストサイズ問題ですが、5月29日放送のマツコ・デラックスさんと村上信吾さんが出演する「月曜から夜更かし」(日本テレビ系)でおもしろいデータを発表していたのです。いや、面白いというより、ショックのほうが大きいかも?

なんでも同番組で「都道府県別の女性のバストサイズの平均が判明!」という特集を行ったところ、埼玉県だけがAカップで、全国で一番バストサイズが小さいことが分かったのだそうです。

<岐阜・京都は平均Eカップ、埼玉のみ平均Aカップ!? >
平均Eカップという恐るべきサイズを誇るのは、岐阜と京都。いいなぁ、岐阜女子と京都女子……女友達を思い浮かべてみると、確かに巨乳な子が多いかも。十分羨ましいともいえる平均Dカップの地域は、北から宮城、福島、新潟、山梨、福井、奈良、大阪、岡山、広島の1府8県。それに続く平均Cカップ、平均Bカップの地域はDカップと同じくらいの数の県数がありました。

ここで注目したいのは、1県のみAカップという衝撃の事実! そう、その1県が埼玉県なのです。

これって、どういうこと?

今回の放送はそんな前回放送分を、マツコが「埼玉県貧乳問題」と深刻そうな名称で呼び、原因をリサーチするという内容でした。実際に埼玉からスタジオ観覧に来ていた女性4人にバストサイズを聞いたところ、うち3人がAカップだったというから、あながちガセではなさそう? データは確かなのか!?

バストの大きさに関しては、世の中でこんなことが言われていますよね。遺伝、揉まれて大きくなった、キャベツを食べたなど。

こんなふうに色々な噂が飛び交っているけれど、専門家によるとどれも正しい情報とは言えないのだそうです。

なんでも最も大事なのは、なんと成長期に22時から深夜2時の間に眠っていたかどうか、だという。そ、それだけ? いや、そこが重要なんです。拍子抜けしてしまいそうですが、さらなるデータを提示され、もうなす術がありません。

<適切に寝ていた女子は巨乳になっていた?>
総務省統計局の調査によると、埼玉の女子高生の睡眠時間は全国で最短なのだそうです。塾や予備校に使う金額が全国1位、自宅での勉強時間が全国4位、通学時間の長さが全国2位という「学生時代に勉学に打ち込んで、寝ていなさそうな埼玉女子」を連想させる結果となっています。勉強に追われて、とにかく睡眠を取っていないということがここで明らかに。

22時から深夜2時は成長ホルモン、女性ホルモンなどが分泌される時間で、“シンデレラタイム” とも呼ばれています。お肌の生まれ変わりなどもこの時間に起きます。女子にとっては本当に大事すぎる時間。

さらに夜22時前に寝ていた埼玉の女子高生は、なんと全体の10%しかいなかったとのこと! そりゃ胸、成長しないわ……と納得してしまうことばかりでした。

スタジオ観覧に来ていた女性たちにさらに聞いてみると、Aカップの女性のなかには深夜0〜1時頃に寝ていた人が多く、逆にEカップの女性は22時以前から寝ていた人が多かったということで、確かに睡眠時間とバストサイズとに深い関連性がありそう。

------

これはしっかり眠ると成長ホルモンが分泌されると
身長が伸びるように、女子の場合はバストが育つ
のかもしれません。

乳腺を発達させる、プロラクチンの影響もあるかも。

感覚的に、腑に落ちました。


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<【メディア情報】「日経ヘルス 8月号」 | メイン | 羊を数えても眠れない>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |