カフェイン入り炭酸飲料で睡眠呼吸障害に?
2012/10/04(Thu)
2012年10月2日付「健康百科」医療ニュースより

------


カフェイン入り炭酸飲料で睡眠呼吸障害に? 米研究


 眠気覚ましにカフェインが摂取されているが、睡眠時無呼吸症候群など眠っている間の異常な呼吸(睡眠呼吸障害)とカフェインの関係は研究されてこなかった。こうした中、米ジョンズホプキンス大学のR. Nisha Aurora氏らは、カフェイン入り炭酸飲料の摂取と睡眠呼吸障害との間に独立した関係が見られると、米医学誌「Chest」(2012; 142: 631-638)に発表した。


●コーヒー、紅茶では影響認められず

 Aurora氏らは、地域住民を対象とした研究のデータを使ってカフェイン摂取と睡眠呼吸障害との関係を検討。1日に飲んだ炭酸飲料の量(缶の本数)またはコーヒーや紅茶の量(カップ数)でカフェインの摂取量を算出し、「エプワース眠気尺度」で日中の眠気を評価した。

 その結果、カフェイン入り炭酸飲料の摂取は睡眠呼吸障害の重症度と関連することが分かった。一方、コーヒーや紅茶の摂取と睡眠呼吸障害との間に関係は認められなかった。

 女性の場合、睡眠呼吸障害がない人と比べ、睡眠呼吸障害が軽度の人でカフェイン入り炭酸飲料を飲む割合が1.20倍、中等度で1.46倍、重度で1.73倍と、病状が重くなるにつれて増えていった。男性では、重度の人だけがカフェイン入り炭酸飲料の摂取と関係していた。年齢層による関連の変化はなかったという。

 なお、米国で販売されている炭酸飲料のカフェイン含有量(340ミリリットル当たり)は、「コカ・コーラ」33.9ミリグラム、「ダイエット コーク」46.3ミリグラム、「ペプシコーラ」38.9ミリグラム、「ダイエット・ペプシ」36.7ミリグラム、「ドクターペッパー」42.6ミリグラム、「ダイエット・ドクターペッパー」44.1ミリグラム、「マウンテンデュー」54.8ミリグラム、「ダイエット・マウンテンデュー」55.2ミリグラムなどとなっている(「Journal of Food Science」2007; 72: C337-342より)。


------


カフェイン入り炭酸飲料を摂取しているから無呼吸に
なるのではなく、無呼吸で日中の眠気が強いから
カフェイン入り炭酸飲料を飲むのでは?


カフェイン入り炭酸飲料は糖分が多いので、
太りやすい → 無呼吸
という悪循環になっているかもしれません。


コカコーラ


この砂糖の量ですから。

(「カラパイア 食品にどれくらい糖分が含まれているのか?角砂糖を使って比較してみた」より)


眠気の一時的な対処よりも、無呼吸の治療が先決です!


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<「かわいい」写真を見ると作業効率上昇 | メイン | 整体歯医者さん>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |