私が快眠セラピストになるまで
2012/11/14(Wed)




今日は京都出張。
車窓から富士山がキレイに見えました。


昨日は有楽町の朝日ホールで
NPO法人アンチエイジングネットワーク様主催の
シンポジウムがありました。

テーマは「睡眠でアンチエイジング」。

精神科医の保坂隆先生と、
アーユルヴェーダの西川眞知子先生とともに
登壇させていただきました。


休憩時間のときに、思いがけないほど
多くの方がご挨拶に来てくださり、
名刺を切らしてしまうほど。


その中に大学4年生の女性がいて、

「どうやって今の仕事についたのですか?」

と質問を受けました。


私の場合は本当に「たまたま」としか答えようがなく、
寝具メーカーに入社したのは、経済的に自立しなければ
ならなかったときに就職情報誌で求人を見かけたからで、
独立したのは体調を崩したからです。


とりあえずフリーでやってみて、2年たっても
芽が出なかったら、どこかに就職しようと
思っていました。


今、目の前にあることを一生懸命やっていたら、
こうなっていたという感じです。


辛いときも、苦しいときも、限界まで頑張っていたから、
天が味方をしてくれたのかもしれませんね。


質問をした女性は、保険会社に就職が内定しているけれど
将来は健康に関する仕事がしたいと言っていたので、

「仕事をしながら好きなことを勉強していたら、
独立したり、転職するタイミングがきっとある。
自分がやりたいと思うなら、絶対的に大丈夫!」

と伝えたら、希望がわいたようでした。


もうこれからは、頑張る時代ではないから、
自分を開いて目標に向かっていけばOK!


思うようにいかなくても、その中から学び、成長することが
人生の目的でもあるから、何があってもいいのです。


大きな視点を持って、前進するのみ。


これは自分自身にも聞かせながら書いていますが、
今日のお天気のように、今、晴れ晴れとしています。


三橋美穂

iPhoneから送信
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | ▲ top
<<明治大学で快眠教室 | メイン | フィトリフトでスキンケア>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |