20〜30代、日常生活「忙しい」が7割
2013/05/07(Tue)
IRORIOより

20~30代社会人
自由に使える時間は1日154.6分と判明



大塚製薬が先日行った「社会人の時間の使い方と集中力に関する調査」で、20~30代の社会人の3分の2は、日常生活を「忙しい」と感じていることがわかった。


調査ではまず、「日常生活において『忙しい』と感じているか?」を質問。45.6%の人が「やや感じている」、21.8%が「とても感じている」と回答した。合計では67.4%で、全体の約3分の2人が「忙しい」と感じていることがわかる。


また、1日のうち自由に使える時間は全体の平均が154.6分であることも判明。1日24時間ある中で、自由に使えるのはたったの2時間半だけ。そのうち自分を成長させるために使える時間は平均73.8分だった。


そのため、忙しい社会人生活の中では、通勤や移動時間などのスキマ時間を有効活用する人も多く、電車内では資格取得や語学の勉強をする人が多かった。


また、少ない自由時間を有効に使うために、自身の集中力を維持することを心がけている人も多く、集中力を高めるためには「睡眠時間をとる」「コーヒー・紅茶を飲む」「食事・間食を摂らない」の他、「携帯の電源を切る」という人も。

------

時間は錯覚だと知識ではわかっているけど、
若者の3分の2が忙しいと感じている現実。


何だか変ですね。


時間に支配されない人生」という本が
売れているのもうなずけます。


さて、連休明け1日目、
昨日1食ですませたら朝から快調!

食べ過ぎて体が重くなっていたみたい。


全ての人たちに
幸せな一週間でありますように☆


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<とはいっても、ブログ書こう。 | メイン | 衝撃の山形弁と歌声>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |