韓国、睡眠障害患者が4年で1.6倍に増加
2013/08/21(Wed)
2013年08月19日付、中央日報日本語版より


睡眠障害患者が4年で1.6倍に増加=韓国


健康保険公団が18日に明らかにしたところによると、毎年睡眠障害で病院を訪れる患者が増加している。2008年に22万7907人だったが昨年は31万4169人に増加した。4年で1.57倍に増えたのだ。

(中略)

睡眠障害の主な原因のひとつは精神的ストレスだ。2008年に米ミシガン大学の研究チームが発表した研究結果によると、米国の会社員2300人余りのつい半分ほどに睡眠障害があった。このうち職場の上司や同僚との持続的な不和を原因に選んだ人は、長い勤務時間など別の理由を挙げた人の1.7倍に上った。不眠症が家族力と関連するという研究結果(2007年12月米国睡眠医学会発行ジャーナルSLEEP)もある。肥満人口の増加と悪い睡眠習慣なども原因に選ばれる。


------


医療費も1.8倍以上に増えているそうです。


睡眠時間の短さでは世界1、2位を争う
韓国と日本。


睡眠障害の増加も同じ傾向ですね。


みんなが、もっとゆとりを持って暮らせる
時代になることを願っています。


三橋美穂
スポンサーサイト
この記事のURL | 睡眠ニュース | CM(0) | ▲ top
<<【セミナー情報】 9/10 ダイエット&ビューティフェア | メイン | 【メディア情報】日テレ『ZIP!』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |